配偶者の行動に何かしらの違和感を感じる、こういった直観から始まり、相手の裏切り行為が発覚し、離婚へ至ってしまったという夫婦も多いようですが、こういった場合は、夫婦生活を破綻させた責任はすべて相手側にあるので、慰謝料請求なども発生します。子供がいる場合であれば、引き取って育てるのであれば当然養育費も発生するもので、裏切りの代償に驚き後悔している方も多いようです。

diet03_l

配偶者の浮気や不倫は、立派な離婚原因となりますが、それはあくまでも通常の夫婦生活が営まれていた場合に限るもので、戸籍上は夫婦であっても長い期間別居中であった場合などであれば、その間に新しいパートナーができたからといって、それは不貞行為とはみなされません。婚姻関係がもう破綻しており継続不可能な状態であったことが証明されれば、配偶者が新しいパートナーとうまくいっているからといって、それを責めたてることは法的にはできないのです。夫婦関係が壊れてしまった原因はほかにあるものなので、そこに焦点を当て、慰謝料請求ができるものであるなら、証拠が認められればその件に関してならば、相手側に非があるのであれば、その償いはしてもらえることもあるようです。