肉体関係の無い浮気

| 未分類 |

肉体関係のない浮気というものはあり得るのでしょうか。少々奇異な喩えですが、プラトニックラブということです。
法律上離婚が認められるのは、夫または妻が不貞行為を行った、というときです。例えば夫が妻に内緒でとある女性と二人きりで食事を楽しんだとします。妻はこのことを知り怒りますが、これだけでは不貞行為とは言えません。具体的には性行為があったかなかったかがポイントであり、あれば不貞行為なのです。

するとプラトニックラブの場合は不貞行為とは言えないので、問題なしなのでしょうか。実は不貞行為なしでも離婚が成立する場合はあるのです。たとえば、生活費の中から相手の女性に貢いでいる、休日もその女性に会いに出かけて家事や育児には協力しない、妻との性行為を拒否する、このような事実が積み重なると、たとえ肉体関係のないプラトニックな密会であっても離婚が認められるのです。
このことを理解した夫が、家事を完全にこなして、妻ともきちんと性行為を営む、などしても妻の側は「性格の不一致」という問題を持ち出して離婚を認めさせる戦略にでられるとどうしようもありません。したがって外部との女性に性行為、つまり不貞行為があってもなくても、妻がその気になった場合には離婚裁判に持ち込まれることが多く、その場合は非常に厄介な裁判になります。